×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひょんなことから入手した容量アップのラヂエター交換です。
とある方から、謎のメールが・・・・
なにか他の(多分これより容量のあるものに・・・)ラヂエターに交換されるそうでいりませんか?とのこと(^^)特に水温のアップは気になってませんでしたが、 せっかくなので譲り受けることに・・・・
物は通称「ヤフオクラヂエター」と呼ばれているものです。

9月2日夜勤から帰ってくると、お〜来てます!!
さすがメカにかこだわりの○○○○さん(本人さんの希望により名前は伏せておきます)綺麗です。
最近HPのネタが無かったので、時間のあるときにじっくり写真を撮りながら交換したいと思います。
で!夜勤明けの9月3日水曜日
徳島のランサー使いのつっきーさんのHPを参考にしてまずはラヂエターキャップを外し、ドレンプラグを緩めてクーラントを抜きます。
約1年半、走行距離45000km位ですが、結構汚れています。
 
ラヂエターホースを外し、ロアーの方はエンジン側で外した方が楽ですよ〜って某お方がメモしててくれたので、ロアーホースはラヂエターに付けたまま外します。
上側のステーを外して、ファンのカプラ−を外して本体を上に抜き取ります。
右が純正で左がヤフオクラヂエターです。
うわああ〜〜〜やっぱり虫などが張り付いていて汚れてます!!
おお〜厚みがぱっとみた感じ倍くらいは違います!!
これはかなり期待できそうです。(しかし・・・水温計も付けていない私のトルでは・・・)
ファン関係を移植していきます・・・
某お方よりのメモで、ファンの取り付けのことが*注!!で書いてありましたが特に干渉も無くそのまま付きました。左のファンのハウジングのところに隙間を埋める為のネオプレーンのパッキンが付いていますので、それを慎重に剥がして、新しいラヂエターに貼り付けます。
でもって取り付けた後ホース、ファンのカプラ等を元に戻して、
つっきーさんは蒸留水で洗浄してましたが、準備してなかったので、水道水でフラッシングです。(^^;これは一回目の抜き取ったものです。結構まだ汚れが出てきます。(^^;
これは2回目です。
かなり澄んだ色になりました。
そのままで使用出来るクーラントを使いました。ポコポコ気泡が出てきます
このエアー抜きが結構時間掛かります。ラヂエター本体の交換は簡単に出来るんですけどね(^^;5リットルのクーラントが全部入りました!!ここまでで約2時間半の作業時間です。
思ったより簡単に出来たので、びっくりしました。あと1年も乗るとラヂエターの前面があんなにも汚れるものとは思いませんでした(^^;簡単に脱着出来るので、せめて1年に1回くらいはクーラントの交換とラヂエターのコアの洗浄をやってみようかと思いました。